トラックにおけるミッションの進化

トラックにおけるミッションの進化

トラックにおけるミッションの進化

近年ではオートマのトラックも登場していますが、
まだまだトラック業界ではミッション車が人気を集めています。

 

そもそもトラックがミッションを採用しているのは、
オートマよりも燃費が良く耐久性に優れているからです。

 

重い荷物を運ぶことが多いトラックですから、
燃費の向上させるための工夫としてミッションにしています。

 

クラッチを踏んでからギアを操作するという
独特の運転方法に慣れていない方にとっては、
運転が難しく感じるかもしれません。

 

しかし、最近のミッションは運転のしやすさも追求されています。
中古トラックを選ぶポイントとして、
運転しやすいミッション車であるかという点も考慮していただきたいのです。

 

こうしたトラックの例を挙げるのであれば、
発進の際にクラッチ操作がいらないトラックが有名です。

 

クラッチの操作を誤ってしまうと、
上手く発進できずにエンストを起こしてしまうこともしばしばです。
クラッチ操作がいらないトラックであれば、こうして心配も無用なのです。

 

また、クラッチ操作を全く必要としないミッション車も登場しています。
回転数が少ないときは、ギアの横にあるスイッチを押すと
低速回転でも安定した走行をすることが出来るのです。

 

もちろん、こうした工夫をしたとしても
ミッション車の長所である燃費の良さは失われていません。

 

運転がしやすいということは
それだけ周囲の状況に集中出来るということですから、
安全なドライブにも直結します。

 

昔ながらのミッション車を運転してきた方であれば、
こうしたトラックを実際に運転してみると違いが判ることでしょう。
中古トラックを購入する際には、
こうした新たな技術を取り入れているかどうかも基準の1つと認識しておきましょう。
 


ホーム RSS購読 サイトマップ