下取りと買取を比較

下取りと買取を比較

下取りと買取を比較

中古トラックを購入しようとしたとき、
自分の持っているトラックを下取りに出すか、
それとも他店で買い取ってもらってから中古トラックを購入するかで
迷う方も多いことでしょう。

 

両者のメリットとデメリットを比較することで、
中古トラックをお得に購入する方法を探っていきましょう。

 

下取りとは、そのお店でトラックを購入する前提で買い取ってもらうことをいいます。

 

下取りしてもらったお金は原則として
購入する予定のトラックの支払いに使われるため、
自分の手元に現金は残りません。

 

一方買取とは、自分が持っているトラックの対価として現金を受け取ることです。

 

買い取ってもらうことで手に入れた現金を
別の中古トラック購入資金にすることも出来ます。

 

両者を比較したとき、基本的には買取の方が高値で取引してもらえる傾向にあります。
なぜかというと、下取り価格を高くしてしまうと
そのお店に入る利益が小さくなるのが明白だからです。

 

買取の場合は、買い取った製品の処分方法によっては
店側が大きな利益を獲得する余地が残されていますから、
下取りよりも比較的高値で取引されるのです。

 

下取りを利用するのであれば、
どうしても欲しい車種がそのお店にしかないというケースに限った方が良いでしょう。

 

気に入った車両をなるべくお得に手に入れたいのであれば、
下取りをしてオプションや点検などのサービスを勝ち取ることをおすすめします。

 

こうしたケース以外では、とりあえず買取だけをしてもらってから
じっくり中古トラック探しをした方がお得といえます。
 
下取りと買取を上手く使い分けて、自分が希望する中古トラックをゲットしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ